稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
漫画

弱虫ペダルを漫画村やzip,rarのように無料で読めるサイト発見!

弱虫ペダルが全巻無料!ネタバレ感想とあらすじも

弱虫ペダルを漫画村や漫画タウン、zipやrarのように無料で読めるサイトを発見したのでその報告と、未読の方向けにネタバレ感想とあらすじをまとめました!

「弱虫ペダル」を漫画村やzip、rar、漫画タウンを使わずに合法で読めるサイトはこれだ!

「弱虫ペダル」は、【U-NEXT】【FODプレミアム】二つを利用することで読めます!

両方31日間の無料トライアル期間があり、数巻分の無料ポイントが貰えるので、両方に登録することで実質無料で読破できるという仕組み!

 

つまり、31日間の無料トライアル期間で解約することで完全無料でエンタメ全て楽しめるということ!

1巻でも最新刊でも好きなところから読めます!

 

しかも漫画だけじゃなく

  • アニメや映画
  • ドラマや音楽
  • グラビアやAV

なども二つ合わせて数十万作品が見放題!

ちなみに100冊以上の雑誌も読み放題です。

 

弱虫ペダルのアニメも観れます〇

 

 

1分で登録も解約も即できる!

U-NEXTで無料読破FODで無料読破

合法+簡単+完全無料でこれ以上に最強なサイトはないと断言します!

あわせて読みたい
無料で漫画読み放題!!
【漫画村の代わり】漫画を全巻無料で読む方法まとめ【読み放題】漫画、無料で読みたくない?? かといって無料で読める漫画村や漫画タウン、漫画シティや山頂はデマだし閉鎖されたし、ネカフェに行くのも怠い...

弱虫ペダルのあらすじ

小野田坂道は高校生になり、念願だったアニメ研究部への入部を希望する。

しかしアニ研は部員不足のために休部状態となっていた。復活させるには最低5名の部員が必要と知り、小野田は部員集めに奔走する。

だが生来の性格のため同級生にすら声をかけることができず、勧誘は自作のチラシを貼りつけるのみ。やっと一枚貼ってはみたが、教師に見つかってあえなく没収。メンバーはまったく集まらない。

そんな小野田の楽しみは、自転車で秋葉原まで行くこと。小野田は往復90キロもある道程を「タダで行けるから」という理由で毎週ひたすら往復していた。

 

その日の帰りも、いつものようにママチャリで秋葉原へ向かおうとする小野田。正門前の坂ではなく、裏門の坂を下ろうとする。

そこへ、自転車競技部に入部する予定の今泉と遭遇する。

 

小野田坂道と今泉の初対面シーン

そして今泉は斜度20パーセントを誇る裏門の坂を平然と上り下りする小野田に驚愕し、勝負を挑んでくる。

中学の自転車競技大会で準優勝の実力者である今泉は、ママチャリで裏門の坂を鼻歌まじりに上る小野田が信じられないのだ。

なぜ自分と勝負したがるのか理解できない小野田だったが「負けたらアニ研に入る」と宣言した今泉の甘言に誘われ、勝負を了承する。

 

勝負のコースは町の神社の境内からスタートし、裏門坂を上って学校まで。およそ5キロの距離。そして、自転車競技経験者の今泉は15分遅れてスタートするというハンデマッチだった。

自分の運転に自信などなかった小野田だったが、いざ走ってみると意外とスピードが出ることに気づく。もしかしたら自分は速いのかもしれない、そう思いつつペダルをこいでいく。

だが、やはり経験者の今泉はケタ違いに速かった。あっという間に追いつかれ、ちょうど裏門坂の中腹で抜かれてしまう。

唖然とする小野田は、勝負をあきらめて止まってしまう。

そこへ、観戦に来ていた自転車マニアの女生徒・寒咲がやってくる。寒咲は小野田に自転車を降りるよう促すと、サドルをあげた。

小野田の身長から割り出した、一番強くペダルをこげるベストな高さに調節したという。半信半疑の小野田だったが、さっきまでと力の伝わりが格段に違うことに驚く。

自転車の楽しさに気づく小野寺坂道

引き離されていた距離がグングンと近づく。勝負は裏門までもつれるが、ギリギリでかわした今泉に軍配が上がった。

勝負を終え、今泉は小野田に云う。

自転車競技を本気でやってみないか?

お前はペダリングがきれいで、伸びる可能性がある。そう諭す今泉。しかし褒められて嬉しいものの、小野田は複雑な心境を抱く。運動部などこれまで考えたことなどなかったし、なによりアニメ研究部を復活させて、楽しい高校ライフを送りたい。

「無理には誘わねえよ。お前はお前の道を進め」今泉はやさしく小野田の肩を叩いた。

だが、ほのかに芽生えた感情にとまどう小野田。いまだかつてないこの感情はなんだろう。運動部なんて、体育会系なんて、苦手でキライなのに……。

弱虫ペダルのネタバレ感想と見どころ

たかが自転車、されど自転車。自転車競技の世界を大胆に描く!

これは自転車という乗り物に対する意識が変わります!自転車競技を舞台にした漫画ですから当然、自転車の専門知識がちらほら出てくるわけですが、とても丁寧でわかりやすく、普段乗りこなしている自転車を見直したくなりました。

主人公の小野田もそんな一人。何気なく登下校や秋葉原までの道程を自転車こいで往来しているわけですが、自転車競技に打ち込む今泉の姿を見て、ただの「足」として乗っているだけだった自転車への情熱が芽生えます。

小野田って、きっと心のどこかでは青春のすべてを捧げられるほどのなにかを探していたんじゃないでしょうか。

もちろん本当にアニメは好きだし、共通の趣味を持つ友人を欲していたのも事実なんだろうけど、それは心の底からというより、自分自身を抑えつけていただけなような気がします。

「運動が苦手だから部活はやらない。」「他人に強く出られる性格じゃないから体育会系は無理。」いつも引っ込み思案な小野田は、なにかに夢中になっている人間に憧れていたんだと思います。

そんな小野田が自転車に楽しさを感じ、自分にもできること、自分だからこそやれることに目覚めて自転車競技に挑戦してみたいと決意したときの様子ってば、キラキラと輝いてカッコいい!

小野寺坂道「僕に何かの可能性があるんだったらやりたい!」

挙動不審でおどおどしていた人物とは別人のよう。

やりたいことを見つけた人間の、妙な自信と好奇心が抑えきれないといった具合いのイキイキとした顔には、読む者に一歩踏み出す勇気を与えてくれます。

弱虫ペダルというタイトルの意味に考えさせられる

自転車競技を通して仲間たちと成長する物語」とひと言でいえば、ありきたりな青春群像劇と判断してしまいがちですが、それだけじゃない熱く心に響くものがあります。

小野田はその性格からあまり他人と趣味を共有したり、楽しく遊んだりすることがありません。どちらかといえば「オタク気質」のせいで距離をとられたり、ときに馬鹿にされたりすることが多い男子です。

それが自転車にのめり込み、人に褒められたり優しくされたり、今まで味わったことのない喜びに触れることでたくましくなっていく様は胸を打たれますね!

 

自分という殻に閉じこもって精神的充足ばかり求めていた小野田が、はじめて「自分らしくない」「自分を裏切る」「自分でも気づかなかった」運動部に居場所を見出す。

自分の住む世界とは違うから」とあきらめてしまうこと、誰でも一度はあると思いますが、そういってスルーしてしまうことで失くした大切ななにかをきっと思い出せると思います。

【弱虫ペダル 画像】ただの自転車漫画ではなく、勇気を貰える漫画!!

言わずもがな、自転車の魅力いっぱいの迫力ある描写も必見ですよ!

 

自転車というのはペダルをこがなければ前に進みません。小野田のように、新しい一歩を踏み出したい人にぴったりな漫画じゃないでしょうか。

心に熱いなにかが灯り、なんだか明日から鼻歌まじりにママチャリ乗りたくなっちゃいます。

小野寺坂道はオタク。「ラブリーチャンスペタンコチャン♪」

もちろん競技用自転車に乗ってる人もエキサイティングすること間違いなし。オススメです!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます