今1番稼げるライブ配信アプリはコレだ!
ブログ/アフィリエイト

コピーライティングはコツを掴めばたった1行で人を操れる【文章術】

コピーライティング

紙おむつ売り場に「たった一行の文」を添えることで、紙おむつよりもずっと高い金額のものが飛ぶように売れました。

その「たった一行の文」とは、

 

「今しか見れない姿、残しませんか?」

 

そう、商品はカメラです。

このたった一行の文により、高額商品のカメラが飛ぶように売れたのです。

 

このように、文章と言うのは店員(自分)が居なくとも24時間勝手に働いてくれますし、後からいくらでも変更が可能です。

 

また、「世界1の美女を想像してください」のような文章は会話よりも優れています。

なぜなら会話の場合、人によって「世界1の美女」に当てはまる部分は変わります。

しかし文章の場合、「世界1の美女」当てはまるのは、アリアナ・グランデであり佐々木希であり清少納言だから。人によって好きに想像することができるのです。

営業トークの上手いセールスマンを量産することは困難ですが、文章なら簡単にできます。

もっと言えば、会話と違い印象のコントロールも容易です。

「あら、そうかねえ」であればおばあちゃん。

「オーホッホ、そんなわけありませんわ!」なら高飛車なお嬢様。

文章は会話と違い、声色や服装、表情などに気を配る必要がないのです。

 

この記事では、そんな「秀逸な文」がかけるようになる方法や優れたコピーライティングの例などを解説しています!

 

コピーライティングは読ませるのではなく行動させる

例えば、車のことなんて全く考えていない人に

「この車、今なら10%オフ!」「近日試乗会があります。」

いきなり売り込もうとしても当然売れません。

しかし、「この車で夜景の綺麗なところをドライブすればどんな女性でも絶対落ちます!」

「このサイズならご家族5人でも遊園地や水族館、どこへでも行けます!」

「誰を乗せる」「どこに行く」などを想像させた後に売り込めば確実に売り上げは上昇します。

 

このように、コピーライティングは読ませるためではなく、行動させるために書くことを意識しましょう。

そのためには「想像させる」ことが大事です。

では想像させるコピーライティングはどのようにして作るか、それを説明します。

 

想像させるコピーライティングには”条件”がある

「お金持ちになる人は、自分の将来に投資し続ける。」

けして悪い文ではありませんが、想像させるコピーライティングを付け加えるとこうなります。

お金持ちになる人は、飢えて死にそうな時でも自分の将来に投資し続ける。

こちらの方が状況を説明する言葉が入っているため、情景が浮かぶのでストーリーに説得力がうまれます。

このように、”条件”を付け加えると心に刺さりやすくなります。

 

他に例を出してみると、アップル創業者のスティーブ・ジョブズの名言。

 「If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?」
もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?

引用元:海外起業家の名言集

 

この名言を「今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?」だけにしてしまうと、途端に薄くなります。

「もし今日が人生最後の日だとしたら」という”条件”がどれだけ効果的かわかりますね。

ありきたりな言い回しに極端で具体的な言葉を入れるのがコツです!

 

パズルのピースは読み手に埋めさせる

冒頭で紹介したおむつ売り場での文、「今しか見れない姿、残しませんか?」で実際にカメラは沢山売れていますが、けして「今買わないと損!」「写真を撮ろう!」などの直接的な言葉は使っていません。

しかし、その文を読んだ人は我が子のことを思い出し、それを撮影する自分を想像します。

その結果、商品説明すらしていないカメラが売れたのです。

 

人は「情報が足りない時、自分で勝手に想像する」という習性があります。

そのためにはあれこれ詳しく説明しすぎず、あえて余白や隙を作るのです。

伝えることを1つに絞った方が、人は行動しやすくなります!

 

ペルソナを想定し、絞ることが大切

ペルソナとは、簡単に言うとターゲット層や人物像という意味です。

例えばおむつ売り場のペルソナは「まだおむつが必要になる年齢の子供がいる親」になります。

このペルソナがハッキリしていると、心に刺さる文章がつくりやすくなります。

 

では例を出してみます。こちらはダイエット薬を売ろうとしている会社の文章です。

「水着を着るなら、痩せている方が断然異性の目を引きます!」

 

この文章のペルソナは”痩せたい人”

しかし、この当たり障りない文章ではそのペルソナには刺さりません。なぜならこの文章には行動させる要素、”条件”や”想像させる箇所”がないからです。

ではどのようにしたらいいか?それは、ペルソナをもっと詳しく絞ることです。

”水着を着るなら”と書いてあるところから季節は夏、更に”異性にモテたい”ということがわかります。つまり”今は太っているけど、夏までに痩せたい人”がペルソナです。

それらを意識して改めてライティングするとこうなります。

今日から始めれば間に合います。

”痩せる” ”水着を着るなら” など直接的な言葉がないのですが、これが先述した「あえて余白や隙をつくる」ということです。

あくまでも”痩せる”といったパズルのピースは読み手に埋めさせるのです。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください