稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
漫画

東京喰種を漫画村やzip,rarのように全巻無料で読む方法【Reも!】

東京喰種(トーキョーグール)とReを全巻無料で読む方法

東京喰種(トーキョーグール)とReを漫画村やzip,rarのように全巻無料で読む方法とネタバレ感想をまとめました!

東京喰種(トーキョーグール)とReを漫画村やzip,rarのように全巻無料で読めるサイトまとめ

「東京喰種(トーキョーグール)」は【U-NEXT】と【music.jp【FODプレミアム】で読めます!

東京喰種(トーキョーグール)が無料で読めるサイトまとめ

上記のサイトには

  • 31日間の無料体験期間がある
  • 登録時にポイントが数千円分も貰える

という特徴があるため、それを利用することで実質無料で読めます!

勿論、31日間の無料体験期間だけで解約すれば一切お金はかかりません!

また、登録も解約も1分で誰でも簡単に出来ます!

 

更に漫画の他にもアニメ、映画、ドラマ、AVなど数十万作品が見放題雑誌も毎月新刊100冊前後が読み放題!

ちなみに東京喰種(トーキョーグール)アニメや映画も見れます!!

 

画像はクリックで拡大できます。

どのサービスも1分で登録も解約もできます。

U-NEXTの解説

U-NEXTの解説と評価U-NEXTで無料読破

music.jpの解説

music.jpの解説music.jpで無料読破

FODプレミアムの解説

FODプレミアムの解説FODで無料読破

 

以上、次世代の漫画村の代わりになるサイトでした!

東京喰種(トーキョーグール)の感想

主人公・金木研の成長と変化に注目!

東京喰種(トーキョーグール)のポスター

東京喰種は人間と、人間に紛れて生活する人肉を主食とするグールが敵対する物語。

主人公の金木 研(かねき けん)は物語当初、少し内気な普通の大学生として生活をしていました。

読書好きな彼はお気に入りの喫茶店「あんていく」で読書に耽っていたところ、あんていくによく出入りする女性に一目惚れをしてしまい、さらにひょんなことから彼女と関わりを持てることになります。

予想外の幸運に浮かれながら彼女・リゼとの初デート日を迎える金木。

しかしデートの終わり間際、リゼが実は人間ではなくグールで、金木のことを食べようとしていたことが発覚。

食べられそうになったところを、工事現場の鉄骨事故に巻き込まれたことにより、重大な傷を負いますが命だけは助かることに。

 

・・・しかし同じ場所にいたリゼの臓器を移植されたことにより、金木は半分人間で半分グールという、特異な身体となってしまいました。

そうして始まる半人半グールの生活ですが、あんていくの店員や店長が実はグールで様々な手助けを受けられることとなった金木。

ただ、生来の気弱な性格が抜けず、戦闘に巻き込まれてもどうしても情けない姿が先行してしまいます。

しばらくは弱々しい姿が印象的な金木の姿が印象的。ただ、とある出来事からその様子が一変。

非常に攻撃的で目的のためなら非道な行いも辞さないスタンスで、敵対するグールを圧倒することに。

 

さらに、グール対策局で最強と謳われる有馬貴将との戦いで命を落としたかに思えましたが、その記憶が封印された佐々木排世として今度はグール対策本部の一員としてグールと敵対。

目まぐるしいほどに立場やスタンスが大きく変わりますが、その変化も作中の魅力であり、金木研の魅力。

最終的には作中最強レベルの戦闘力を手に入れますので、最終話まで見た後に改めて第1話から見返してみると、その変貌ぶりも実感できます!

主人公がここまで大きく変化する漫画はそうそうありませんので、ぜひコミックスでその違いを楽しんでみてください!!

梟VSグール対策局に引き込まれる

ストーリーの中でもっとも面白いシーンの1つと言えるのが、グールの中でも最大級の危険度を誇る「梟」とグール対策局の決戦です。

グール対策局は喫茶店あんていくがグールの巣窟、いわば隠れ家的な位置にあることを見抜き、あんていく掃討戦を決行します。

しかし対策局の行動を予期した店長の芳村は、自身が表舞台に立つことで被害を最小限に抑えようと奮闘。

結果、グール対策局の中でも高い功績を収めた人間のみがなれる特等捜査官数名と、梟の正面衝突が実現しました。

 

戦況は対策局が優勢に見えましたが、最終局面でもう一体、「隻眼の梟」と呼ばれる、過去に対策局へ甚大な被害をもたらしたグールが登場。

その登場により、特等捜査官を含め数名が戦闘不能となり、有馬貴将の手によってようやく戦闘が終了しました。

グールの戦闘方法はグールの種類によって異なりますが、あまりにも強大な隻眼の梟が現れた時の絶望感は、他に類を見ないほどの迫力があります。

隻眼の王の絶望的なまでの戦闘力【東京喰種(トーキョーグール)】

間違いなく東京喰種ベストバトルの1つと言えますので、梟の圧倒的攻撃力と奮闘するグール捜査官の活躍を堪能してみてください!!

鈴屋什造のキャラクターと成長も魅力

東京喰種でトップクラスに人気のあるキャラクターと言えるのが、グールに敵対・討伐する立場にあるグール対策局の捜査官・鈴屋什造です。

什造は当初、身体中の至るところに裁縫の跡がある風貌で、人を傷つけることをためらわない倫理観に欠けた変質者のような形で登場します。

鈴屋什造の登場シーン【東京喰種(トーキョーグール)】

 

しばらくはグール対策局の特等捜査官である篠原特等とコンビを組み、グール捜査官の心構えや仕事の仕方を学んでいきますが、その姿勢が改善される様子はありません。

しかし上記で紹介しました梟戦で、自身の世話をしてくれた篠原特等が重大な損傷を負い、意識が戻らなくなってしまいます。

その出来事を受けてから、什造は篠原特等の跡を継ぎグール捜査官として目まぐるしいほどの活躍を見せるようになりました。

有馬貴将と肩を並べられるほどの実力を誇り、彼亡き後は対策局の中心人物として活躍します。

コミックスには彼が主役となった番外編も掲載されており、不思議な性格でありながらも実は後輩思いの一面が垣間見えるストーリーとなっています!

つかみどころがないながらも高い戦闘力を誇る什造は、知れば知るほど惹き込まれてしまう魅力的なキャラクターで惚れること間違いなし!!

謎多き集団「ピエロ」

東京喰種では様々なグールが登場しますが、その中でも作中で大きく目を惹くのが「ピエロ」と呼ばれる集団。

グールは人間社会で生き辛い関係から集団を形成して生活をしているケースが多く、ピエロはその集団の1つとして途中から登場します。

そして、主人公の金木やあんていくの面々が気付いていないところで、トラブルの糸を引いているのがピエロというケースが非常に多いのです。

金木が半グールとなるきっかけとなった鉄骨事故も、実はピエロの構成員が起こしたものでした。

 

人間に加担するわけではなく、かといってグールの味方をするわけでもない、スタンスがよくわからない集団という印象を抱く方も多いのではないでしょうか。

ピエロの中心人物として暗躍しているのがウタと呼ばれるグールで、グール達が戦闘時に顔バレしないように付けている仮面の制作者。そして金木がお世話になっている四方というグールの知り合い。

ウタと四方は昔こそ敵対していましたが、何度も戦う中でお互いのことを良く知るようになり、言葉数が少ないながらも戦友のような関係性を築いていました。

そんな関係性がありながらも、四方の知らないところでウタは暗躍しており、最終的には再度敵対するに至ります。

ウタの目的はグールとして、四方を食べること。

しかし、それだけの言葉で言い表せない、複雑な感情があることも感じられます。

謎の多い集団「ピエロ」の暗躍だけでも非常に作中に惹き込まれる魅力がありますが、ウタと四方の戦闘も見どころ満載ですので、最後までぜひ注目してみてください!

ウタと四方の友情戦闘シーン【東京喰種(トーキョーグール】

 

東京喰種最終回は予想外のハッピーエンド

「グールってバッドエンドで終わりそうだよね」

東京喰種を雑誌で読んでいたファンはもちろん、コミックスで楽しんでいた僕もこのように考えていました。

複雑なストーリー展開に加えて、血だらけになり主人公が負けることも極限まで追い込まれることも多い作品だからこそ、最終的に金木は死んでしまうのではないかと思っていたからです。

しかし、そういった予想に反し、東京喰種はこれ以上ないほどのハッピーエンドを迎えました。

主人公が死ぬこともありませんでしたし、無事にヒロインとの間に子供を授かり幸せな家庭を築きます。

黒幕とも言える旧多を倒すためにグールとグール捜査官たちが共闘体制を取り、結果として金木の活躍により旧多を撃破。

梟戦以来ずっと意識不明だった篠原特等も、什造の祈りが届いたかのように目を覚まし、一時は死んでしまったかと思われた黒岩特等もさり気なく生きていました。

作品のイメージ的に少し暗い雰囲気のある漫画でしたが、今までの雰囲気を覆すかの如く見事なハッピーエンド!!

 

最初から最後まで多くの見どころがあり楽しませてくれた東京喰種でしたが、気持ちの良い終わり方が実現できてこそ「名作」と言えるはず。

紛れもなくその名作に名を連ねた漫画と言えますので、作品が完結していてもまた読み返したいと思える魅力があります。

ぜひ未読の方は今から読んでも決して遅くはありませんので、東京喰種独特の魅力に触れてみてください!!

東京喰種(トーキョーグール)最終回の結末

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます