稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
漫画

終わりのセラフ(漫画)を無料で読む方法+感想とネタバレあらすじ

『終わりのセラフ』を無料で読む方法!感想とネタバレまとめ

ジャンプスクエアで連載されている『終わりのセラフ』を無料で読む方法を解説!感想とネタバレあらすじ、登場人物の紹介など作品に関わる内容もまとめました!

ダウンロードする違法サイトではなく、合法サイトです。

あわせて読みたい
最新や少女漫画、青年漫画、少年漫画、全ての漫画をランキング付け!
【2018年最新版】面白いおすすめ漫画ランキング!完結も未完も神マンガまとめ話題のものからマイナーなものまで、完結済みや未完問わずにおすすめできる超面白い最強神漫画をランキング付け!12歳の頃から漫画を読みまくっ...

終わりのセラフの漫画を無料で読む方法

次の見出しからはネタバレも含まれてくるので先に無料で読む方法をご紹介しておきます!

終わりのセラフは【U-NEXT】【FODプレミアム】(どちらも31日間無料)で、無料期間中にポイント利用し読めます!

U-NEXTはムフフなR18動画やアニメ、映画ドラマなども見放題!FODプレミアムは読める漫画数が多いけどU-NEXTと比べると動画は劣るって感じです!

詳しい説明は下のリンクからどうぞ!

あわせて読みたい
無料で漫画読み放題!!
【漫画村の代わり】漫画を無料で読む方法まとめ【2018年最新版】漫画、無料で読みたくない?? かといって無料で読める漫画村や漫画タウン、漫画シティや山頂は閉鎖されたし、ネカフェに行くのも怠い。 ...

 

有料でも良いから電子書籍でなく本で読みたいって方はAmazonや全巻漫画ドットコム(中古)で一気読みできます!

 

31日間無料で読み放題見放題【U-NEXT】

31日間無料で読み放題見放題【FODプレミアム】

終わりのセラフの登場人物とあらすじ

終わりのセラフの表紙

鏡貴也(原作)、山本ヤマト(漫画)、降矢大輔(コンテ構成)

未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?

引用元:終わりのセラフ 1 (ジャンプコミックス)

 

主人公 百夜 優一郎

右側の目の大きいのが主人公、通称優。素直な性格。

吸血鬼の都市で育つも、脱出する際にミカや家族を殺した吸血鬼を恨んでいる。

そんな吸血鬼を殺すため、日本帝鬼軍に入り、鬼呪装備の中でも最上位の黒鬼シリーズの保有する。

主人公の親友 百夜 ミカエラ

左側の金髪が通称ミカ。優しい性根の持ち主。

主人公の優と同じ孤児院出身の家族と逃げだすため吸血鬼貴族に日々血を捧げていた。地図と拳銃を手に入れるが、脱出できたのは優だけだった。

 

吸血鬼は頭を破壊されると死ぬ、腕についてある紋章のような装置を外すと紫外線で死ぬ。

吸血鬼は人間の7倍の身体能力がある。

貴族の吸血鬼にしか人間を吸血鬼化する権限は与えられていない。

吸血鬼と対等に戦うため、人間は鬼を刀に住まわせるが、その鬼は吸血鬼の成れの果て。

終わりのセラフの感想*ネタバレ

ミカを家族を殺した吸血鬼を憎む主人公優。吸血鬼と化すことで生き延びた親友のミカ。

4巻で二人は出会うんですが、お互いがお互いを救おうとしてるんですよね。

終わりのセラフの主人公、白夜 優一郎の性格が良い

みっちゃん(優の仲間)が「大した手柄も上げてない、それどころか足を引っ張ってるのに名門出身ってだけで出世するなんて、皆きっと影で笑ってる」と愚痴った時、優は「俺は笑ってない。」「大体仲間が出世することの何が問題なんだ」と素で勇気づけるシーンがあるんですが、これは女にモテるのも納得。

ハーレム系漫画は主人公が謎にモテるのであまり感情移入できないのですが、終わりのセラフはなぜヒロインたちは主人公を好きになるかってのが納得できるので良いですね~!

 

 

「グレンは優を利用しようとしているだけだ」と告げられるシーンで、親代わりであり恩人でもあるグレンに従うことにした優。その後裏切られるもグレンをずっと守ろうとする優。

「日本にいる吸血鬼貴族は25人だから1人1人潰そう、そのために10人で拠点としている名古屋を潰そう」と企てる際、訓練ということで優チーム5人とグレンチーム3人で戦うがあっさり優チームは負ける。その時「どうやったんだ?」と素直に聞く優。

復讐のためでなく、誰かを守るために剣を握った優。

いいキャラだ~~!

主人公にふさわしい性格。愛と欲に素直で家族を守るためなら善悪も問わないのがナイス。

 

終わりのセラフ最大の見どころは、優一郎とミカエラのブロマンスな関係性

優の良さは先述しましたが、対する優の相棒ミカもこれまたいい。

人間に危険な目にあわされていると考え、何とか助けようとするミカ。

日本帝鬼軍(優のいる吸血鬼撲滅組織)を襲うも、仲間を守るため命を賭し嘘の情報を教える姿を見て「日本帝鬼軍にも良い奴はいるのか?安全なのか?」と考え出すミカ。

優の仲間の力を借りて優を連れ出すことに成功するも、吸血鬼としての性に抗えないミカ。

 

「1度でも人の血をすうと本当の吸血鬼になる、バケモノになるくらいなら死んだほうがマシだ」と言うミカと「だけど吸わないと死ぬなら吸うんだ。さあ俺の血を。」と言う優。

 

このブロマンス(愛情のような友情)な関係性がこの漫画の魅力!

ストーリー自体はありがちでそこまで好きじゃないんですが、関係性が良きです。オタクにも色々種類がありますが、僕は内容もキャラも愛せるタイプなので割とこの漫画は好きでした!

終わりのセラフのネタバレあらすじ

ある日(8年前)突然未知のウィルスにより世界は滅びた。生き残ったのは13歳以下の子供たちだけ。そしてその子供たちは突如現れた吸血鬼によって支配されていた。

子供たちは吸血鬼に血を提供するために養われており、読書をしたり運動をしたりと割と自由に暮らせていた。

主人公の優は吸血鬼の支配から逃れるため、親友のミカは上手に暮らすため日々を過ごす。

ミカはお金を貰うため、フェリド様と呼ばれる貴族に夜な夜な血を捧げていた。優はそれを快く思わない。しかしミカは他の子供たちに栄養ある食事をさせようとしていたのだ。

 

場面は変わり、ミカが拳銃を優に見せるシーン。

フェリド様に血を吸わせる際、隙を見てミカは拳銃を盗んでいたのだ。そして吸血鬼世界(都市)から人間世界へと逃げるための地図も盗んでいた。

その地図をもとに同じ孤児院出身の子どもたちと逃げようとするが、これはフェリドの罠だった。暇を持て余した吸血鬼貴族の遊戯なのだ。

他の子供たちが次々と殺されていく中、ミカが囮となりフェリドに銃をあてることに成功した。しかしミカは重体。そうして1人外に出ることに成功する優。

そして優が見たものはビルなどがそびえたつ現代社会だった。そう、世界は滅んでなどいなかったのだ。

「じゃあ一体俺らは・・・」と崩れる優に「予言通りだ」と近づいてくる大人たち。「吸血鬼退治のためにお前を利用させてもらうぞ」と声をかけられ「吸血鬼を倒せるのなら・・・!」と応える優。

ここからこの漫画の物語は始まる。

そして物語は4年後に。吸血鬼を倒すための術を身につけた優と、それを取り巻く日本帝鬼軍、そして吸血鬼たち。

 

終わりのセラフの結末!

まだこの漫画は完結していないため、最終的にどうなるかは不明の状況ですが、

グレンは8年前に失った仲間を蘇生した。だがその代償は大きかった。その代償というのが大人たちを死滅させたウィルス。そしてその蘇生させる禁術が「終わりのセラフ」。

というところまではわかりました。

完結次第追記しますのでよろしくお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください