稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
漫画

落語心中(漫画)の最終巻までのネタバレ感想とあらすじと見どころ

落語心中が全巻無料のサイト!【新漫画村】+ネタバレ感想とあらすじ

雲田はるこ先生の「落語心中」のネタバレ感想とあらすじをまとめ+試し読みどころか無料で読めるサイトもご紹介!

落語心中が無料で読めるサイトはこれだ!【新漫画村】

「落語心中」は、【U-NEXT】【FODプレミアム】二つを使えば読めます!

どちらにも31日間の無料体験期間があり、数巻分のポイントが無料で貰えるので、どちらも利用することで実質無料で読破できるという仕組み!

 

つまり、31日間の無料体験期間内に解約すれば完全無料ということです。

巻でも最新刊でも好きなところから読めます!

 

しかも漫画だけじゃなく

  • アニメやドラマ
  • 映画や音楽
  • グラビアやAV

なども二つ合わせて数十万作品が見放題!

ちなみに100冊以上の雑誌も読み放題です。

ちなみに落語心中のアニメもドラマも観れちゃいます!

 

1分で登録も解約も即できる!

U-NEXTで無料読破FODで無料読破

合法+簡単+完全無料の3拍子が揃った完璧な新漫画村です!

あわせて読みたい
無料で漫画読み放題!!
【漫画村の代わり】漫画を全巻無料で読む方法まとめ【読み放題】漫画、無料で読みたくない?? かといって無料で読める漫画村や漫画タウン、漫画シティや山頂はデマだし閉鎖されたし、ネカフェに行くのも怠い...

落語心中のあらすじ

たった今刑期を終え、刑務所から出所した元チンピラの主人公・強次(きょうじ)。

物語は強次が「家も金も何もないからこそ、俺は落語を聞きに行く」と、出所したその足で寄席へ向かうところから始まります。

落語心中の主人公きょうじは落語を心から愛し信じる男

強次の向かった先にいたのは「昭和最後の大名人」と称される人気落語家、8代目有楽亭 八雲(ゆうらくてい やくも)。

強次は入所中の落語慰問会(落語家が刑務所に出向き、囚人たちに落語を披露する催し)で八雲の落語に一目惚れし「出所の暁には八雲に弟子入りする!」と心に決めていたのです。

ただ独自のポリシーから弟子をとらないことで有名な八雲。強次も例に漏れず、取りつく島もなく弟子入りを断られます。

しかし「弟子にしてくれるまで帰らない!」としつこく食い下がり、何とか付き人として八雲に付いて行く事を許されることに。

そして八雲は、明るく単純で人懐っこい犬のような性格の強次を「与太郎(よたろう/バカで間抜けな男という意)」と名付け、強次はすぐに周囲から「ヨタ」「与太さん」と親しまれるようになりました。

 

与太郎が居候することになった八雲の家には、幼い頃に両親を亡くし、八雲に引き取られ育てられた小夏という女性がいました。

きょうじの深い落語に対する想い

親子のような関係の2人なのかと思いきや、八雲と小夏は犬猿の仲。

小夏の父親は、かつて八雲と肩を並べて活躍していた助六(すけろく)という天才落語家。しかし「小夏も生まれて人生これから!」という時に不慮の事故で妻とともに亡くなってしまったのでした。

小夏は、両親の死は実は事故ではなく、何か秘密が隠されているのだと言います。そこには八雲が絡んでいて、八雲が両親を殺した証拠を掴むために一緒に暮らし続けているのだと。

八雲と顔を合わせれば「お前なんか殺してやる!仇討ちだ!」と凄む小夏。

八雲を親の仇と恨む千夏

一方で、八雲に可愛がられてはいるものの、一向に付き人から弟子に昇格させてもらえず、落語を教えてもらえないままの与太郎。

少しでも落語を覚えたい与太郎は、八雲に内緒で小夏に稽古をつけてもらうことになります。(小夏は意地っ張りで勝気ですが、本当は心根の優しい粋な女子。)

しかし小夏が与太郎に教えたのは、八雲の落語ではなく亡き父・助六の落語。

神経質でどこか影のある八雲と、豪快で明朗快活だった助六。2人の性格はまさに陰と陽であり、落語も正反対のスタイルでした。

結果、与太郎は尊敬する師匠・八雲に落語を習いたい気持ちとは裏腹に、自分と助六との気質の近さから、自分には八雲より助六の落語の方が合っているのではと悟ります。

 

その後、八雲の記念すべき独演会で前座を務めることになった与太郎。

しかし、披露したのは亡き助六の猿真似落語でとても見られたものではなく、挙句には前日までの下働きや稽古等での睡眠不足が祟ったのか、師匠である八雲の落語中に居眠り。

独演会を台無しにしてしまった与太郎は、八雲に破門を言い渡されます。あなたを尊敬している、破門は勘弁して欲しい、と食い下がる与太郎。

そんな与太郎に八雲はかつて助六と交わした約束、「落語の生き延びる道を探す」を与太郎と小夏に託そうと考えていたこと、そして閉ざされていた己の過去を語り始めます。

幼き日に同門をくぐった八雲と助六が過ごした青春の日々。共に落語を追いかけ、落語からなる愛憎に満ちた半生。そして助六の死の真相ーー。

全てを知った与太郎と小夏がとった行動とは、そして八雲と小夏の関係はどうなって行くのか・・・。

全ての真実が明らかになった時、涙なくしては読めないラストが待っています。

 

落語心中のネタバレ感想と見どころ

落語、ミステリードラマ、ヒューマンストーリー、一読みで三度美味しいお得な漫画

落語という題材は、もともと古典に馴染みない人には難しく感じるかもしれません。

恥ずかしながら僕自身も「落語っておじいちゃんおばあちゃんの文化じゃないの?」なんて思っていました。

「●代目なんたら亭ほにゃらら師匠」って何じゃい、漢字だらけで意味不明、襲名とかもどういうことかよく分からん、と。

しかしこの漫画は、そんな落語を知らない僕でも充分楽しめました!

落語という世界、噺家という職業の過酷さを深く描きつつも、助六の死の真相や小夏の隠し子騒動など読み手を引き込む謎に満ちていて、「あの問題はどうなる?」「この登場人物はどうなってしまうんだ?!」と読み進めずにはいられません。

読み始めは「落語かぁ、何だか固そうな話だな・・・」「刑務所上がりの主人公と落語の世界の義理人情系ストーリーか?」と感じても、蓋を開ければミステリーありヒューマンドラマありの展開に、3巻分読み終わる頃には必ず続きが気になること間違いなしです!

『落語を愛するキャラたちの魅力』

「落語心中」というタイトルにあるとおり、登場人物はみんな好む好まざる関係なく落語に人生をかけることになった人たちです。

落語心中は読んで字のごとく、落語に命を懸ける者たちの物語

落語バカで単純で明るく人に好かれ、しかし師匠の大事な高座中に居眠りしてしまう与太郎。

誰もが認める落語の名人でありながら、過去に囚われ続け、気難しくひねくれている八雲。

跳ねっ返りで強がりなところが可愛く面倒見の良い優しさもあるのに、父親の明かせない子を孕んでしまう小夏。

そして噺家として稀代の才能とカリスマ性を持ち、誰より落語を愛するも、破天荒が過ぎてついには命を落とした助六・・・。

落語心中の人物相関図

みんな、どこか憎めない、愛されるべき人柄でありながらも完璧ではありません。苦い失敗や欠点を持っており、そこが人間臭くて好ましいのです。

漫画のキャラクターというより、実際に存在する誰かのように感じてきます。それほどまでに人物の個性、心の動きや成長の描写が緻密で素晴らしい!

 

例えば、幼い頃に脚に怪我をし、芸者としての道を断たれ親に捨てられた孤独な八雲。

ただでさえ可哀想な生い立ちに加え、さらには竹馬の友でありかけがえのないライバルでもあった助六までもを悲しい事件で失います。この壮絶な経験が、八雲の芸に艶と色気を与え彼を名人にまで登らしめました。

「芸は孤独でいてこそ磨かれる、私は弟子などとらない。自分の芸を誰にも継承しないまま死ぬことで、自分の落語と心中する」とは孤独に芸を磨いてきた八雲師匠のポリシーですが、これが人として溢れる魅力を持つ与太郎に出会い、次第に変わって行くのです。

こういった、人と人との巡り合わせでひとりの人間の人生そのものが動いていく様が実に面白く描かれています。

作中ではそういった出会いを「因果応報」と言い表し、決して良い巡り合わせのみの話では終わらないのですが・・・。

そこもまた一つの見どころですね!

また、キャラ同士の絡みや歩みにきちんと意味があり、結末まで見届け伏線を理解してから改めて読み直すと「あー!ここの会話にはこういう意味もあったのか!このシーンの間や、この時の視線の意味は・・・、なるほど!」となります。どんなシーンも読み飛ばせません。

「落語」というテーマで尻込みしている方にこそおすすめ!緻密に計算された構成で誰でも夢中になって楽しめること必至です!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます