稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
ブログ/アフィリエイト

WP「httpエラー」で画像メディアがアップできない原因と解決法

ワードプレスでhttpエラーが起きる原因と解決方法

Word Press(ワードプレス)で「httpエラー」と表示されメディア(画像)がアップロードできない原因と解決方法をまとめました!画像付きで誰でも簡単に解決できるのでどうぞ!

ワードプレスでhttpエラーが起こる原因と対処法!超簡単に直せます。

WordPressのhttpエラーの原因は至ってシンプル

このエラーは大抵の場合、サーバー側の回線が弱いためアップロード中に接続が途切れてしまうことが原因です。

つまり、

  1. 回線を強化
  2. 途中で接続を途切れさせないよう時間を長く設定する

のどちらかで簡単に直せます。

①の場合はサーバーを変えるということでお金も手間もかかるので今回は説明を省きます。

②はphp.ini設定をいじってあげるだけ。15秒もかからずできる上、殆どの方が直ります!

それでは画像を用いてわかりやすく説明していきます。

php.ini設定でhttpエラーを解決する方法は簡単

当サイトではエックスサーバーをおすすめしているので、エックスサーバーの設定を見ていきます。

まず、サーバーパネルにログイン。

ログインできたら、画面中央の1番下にあるPHPの項目から「php.ini設定」を選択。

phpのini設定

その後、HTTPエラーが起こるドメインを選択。

ドメイン選択画面

 

そして1番下にある「その他の設定」の項目の、「max_input_time」の数字を60に変更。

max_input_timeの設定方法

最後に設定する(確認)をクリック。

無事終えたら、1分ほど待った後に再度画像をアップロードしてみましょう。HTTPエラーは解決しているはずです!

max_input_timeを60に変更しても解決しなかった場合は、90か120にしてみましょう。

 

もしもphp.ini設定を変更しても解決しない場合

プラグインが悪さをしているケース

全てのプラグインを一気に停止するのではなく、1つ1つ停止してどのプラグインが悪さをしているのかを調べましょう!

また、「EWWW Image Optimizer」という画像圧縮プラグインを導入している場合はこちらを停止してあげるだけで解決することもあります。

 

画像のサイズが重たすぎるケース

この場合は画像を圧縮してあげることで解決します。

 

また「functions.phpにコードを書き加えると解決する」と書いてある記事も多数ありますが、それらのコードは先述した「php.ini設定」で変更できるものなので断然わかりやすい「php.ini」設定の方をおすすめします。

 

もしも今回紹介したケースでも解決しなかった場合はコメント頂ければすぐに調査します!

また、今後もワールドプレスのトラブル解決記事を投稿していく上でのモチベーション維持のため解決した場合はコメント頂けると嬉しいです。