稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
映画

ハリーポッター賢者の石のフル動画を無料視聴できるサイトまとめ!

ハリーポッター賢者の石のフル動画を無料視聴する方法!あらすじとネタバレ感想も!

ハリーポッター賢者の石のフル動画を無料視聴できるサイト+ネタバレ感想とあらすじまとめ!

ハリーポッター賢者の石のフル動画を無料視聴できるサイトはこれだ!

ハリーポッターはシリーズものですが、下記サイトのどれでも無料で視聴できます!

無料体験期間を利用することでフル動画が無料という仕組みです。

勿論、無料期間中に解約することでお金は1円もかかりません!

また、上から順に「他のアニメや映画、漫画などを観たい時にも使い勝手が良い(作品数が多い)」となってます!

Hulu14日間無料で5万作品が見放題!
U-NEXT31日間無料で9万作品+本や雑誌33万冊以上が見放題!
Music.jp30日間無料で新作映画11本と漫画や本3冊が見れる!
ビデオパス30日間無料で1万作品が見放題!

 

ハリーポッター賢者の石のあらすじ

両親が亡くなり、ダーズリー家に引き取られたハリー・ポッター

ダーズリー家は意地悪な人ばかりで、部屋も階段下の物置部屋と理不尽な生活を送っていました。

 

11歳の誕生日目前、ホグワーツ魔法魔術学校というところから入学許可証が届き、ハリーの前に大男・ハグリッドが現れます。

そこでハリーは両親が高名な魔法使いだったことを知るのでした。

ハリーの両親を殺したのは当時、強大な力を持った史上最凶と言われたヴォルデモートだと言います。彼は生後間もないハリーも手にかけようとしたが、ハリーの前では”何故か”歯が立ちませんでした。

生き延びたハリーは、魔法界では「生き残った男の子」として有名に。

 

その後、何とかホグワーツ魔法魔術学校に入学したハリー。そこでロンやハーマイオニーといった友達も出来、学校生活を楽しみます。

しかし、スネイプ先生が不可解な行動をとっていたり、ハリーを殺そうとしたりと順風満帆にはいかないようです。

スネイプ先生の行動、両親の真相、ヴォルデモートの正体と様々なことを明らかにするためにロン達と奔走する物語です。

ハリーポッター賢者の石のネタバレ感想

まず、全体的な感想としては、カラフルなお菓子やゲーム、友情といった児童向けファンタジー要素が強く、子供から大人まで楽しめる映画となっているよう感じました!

またイギリスのロンドン、魔法等の世界観が好きな人は必ずハマってしまう壮大な世界観となっています。

内容も軽すぎず重過ぎずといった感じで、テンポも良いのであっという間に見ることが出来ました!

登場人物も個性あふれる人物ばかりで皆魅力的です。これから続く『ハリーポッターシリーズ』の記念すべき第1作目は必ず観るべき作品だと思います。

親戚からイジメられる設定は王道

序章の部分は主人公のハリーがダーズリー家に召使のような扱いをされているところから始まります。

ダーズリー家と一緒に動物園に行った時にダーズリーが蛇の水槽に閉じ込められた時はスカッとしました笑

にしても、散々理不尽な思いをさせられてハリーはひねくれなかったものだとつくづく思います。どうしてあんなにもいい子に育ったのか、不思議ですね。

 

公開当初も視聴していましたが、今改めて見ると感じることもやはり違いますね。例えば蛇が動物園から脱走していくくだりでは、もしかしたら作者のローリングはハリーや子供達に今いる世界から勇気出して飛び出して行けというメッセージを込めたのではないかと思えます。

・・・勘ぐりかもしれませんが!笑

ホグワーツへ行くための買い物では伏線が複数!

ホグワーツ魔法学校へ入学するためにハリーはハグリッドと買い物に出かけます。

その街並みもこの作品に入り込むにはピッタリの世界観が表現されていました。普通の街なのに知る人ぞ知る店に入ればたちまちそこは魔法使いであふれている。

子供じゃなくてもワクワクしちゃいます!いつもの街並みや景色が少し変わって見えてきそうです。

 

そしてハリーの両親が残したお金が預けてある銀行へ行くのですが、そこでハグリッドはダンブルドア校長からの任務で何か大事なものを金庫から取り出します。

これは最後のクライマックスへと続く伏線となっているのですが、その行動の意味が明らかにされないうちはハグリッドも「怪しい!」となり、いろいろ思考をめぐらしながら見ることが出来るのでこの作品の見どころの1つになっていると思っています。

また、杖を買う時に出てくる「名前を言ってはいけないあの人」というのもどれだけヤバい人なんだ!と思わせ、この後の展開が気になってくるんですよね。終始上手い演出です。

いよいよホグワーツへ

その後は、いよいよホグワーツ魔法学校へ旅立つ日がやってきました。

駅でハリーはハグリッドから乗車券を渡されます。そこに書いてあるホームは9と3/4番線というよく分からない表記。

聞こうと思ったらハグリッドは銀行から取り出したものを渡しに行かねばならないと言ってそそくさとその場からいなくなります。

大事なところで置いていくんかい!と思わずツッコんでしまいました。
とりあえず列車に乗せてあげなよ。運よくウィズリー家に出会えたから良かったけど、その偶然がなかったらどうするつもりだったのか…。

前半でダーズリー家がハリーをイジメているシーンを見ているから尚更ロンの家族がハリーに優しくしているシーンを見ると「やはりハリーの居場所はマグル(人間界)ではなかったのだな。」と思いましたね。

「・・・きっとうまくいかない世界ってそこは自分の本当の居場所じゃないのかもしれない。」と思ってしまいます。

そしてこれから友達になるロンやハーマイオニーとの出会い。普通の中学生らしくてとても楽しそう!

ホグワーツ魔法学校はとても壮大!マルフォイはむかつく!笑

とにかく印象的だったのはホグワーツ魔法学校がとても壮大で、これから起こる壮大な冒険を暗示しているようにも感じられます。

入学式なのに夜で暗い雰囲気ですが魔法使いだからこそ有り!!

そしてマルフォイ登場!クラスに1人はいるイヤな奴。

そして魔法界ならではなのか、クラスは事前に決めるのではなく入学式で決めるという斬新さ。その時の一悶着も面白いポイント!

 

ここでは授業に遅刻したり授業を聞いていなかったり友達とケンカしたりと普通の中学生らしい生活を垣間見ることが出来ます。

まだまだ未熟で魔法が充分に使えないホグワーツの生徒達を見ていると何とも可愛らしく思えてくるシーン。

ハーマイオニーも大人びているように見えますがまだまだ子供なんですよね。自分が分かる問題には積極的に手を挙げているところとか友達とうまくいかずに泣いているところなんて小学生そのもの。

ロンもまだまだ臆病で、新作を観た後に賢者の石を見返すと「如何に成長したか」がわかって何度も楽しめちゃう!

 

魔法を使うゲームの面白さ、魔法を経ることで親の愛を学ぶハリー。

魔法界のスポーツ“クディッチ”・“チェス”は杖で空を飛んでゴールを奪い合うというもの。

サッカーやバスケットボールに似ていますね。空を飛ぶスポーツなのでスピード感や迫力満載!そしてクリスマス、ハリーはロンと魔法使いのチェスをしています。

これは普通のチェスと大差ないルールですが、このチェスがまたこの後の展開のヒントともなっているのですよね。

 

また、クィレル(ヴォルデモート)がハリーを殺せなかったのは、ハリーの母親が命がけでかけた“守りの魔法”のおかげだとダンブルドア校長は話すのです。そのセリフを聞いた時は本当、母親って偉大だなぁ。と感動させられたものです。

 

以上のように魔法・友情・冒険・ゲーム・親の愛とたくさんのテーマが詰め込まれています。また様々な謎や伏線もありますので、1度だけでなく何度も見直してもその度に新たな発見がある作品になっていると思います!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます