稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
漫画

姉なるもののネタバレ感想とあらすじ!おねしょた界最強漫画!

姉なるもののネタバレ感想とあらすじ!無料で読む方法も

姉なるもののネタバレ感想とあらすじをまとめました!

この漫画はおねしょた(お姉ちゃんとショタ)系の最強漫画!

悪魔なのか天使なのか神なのか、そんなことはどうでもいい!とにかく可愛い!!

ちなみに姉なるものは全巻無料で読めるので、お金かけずに読みたい方は下記の記事をどうぞ!

あわせて読みたい
無料で漫画読み放題!!
【漫画村の代わり】漫画を全巻無料で読む方法まとめ【4万冊読み放題】漫画村閉鎖後、必死に代わりになるサイトを探し続けた結果、色んな漫画が全巻無料で読めるサイトをいくつか見つけたのでシェアします! こ...

 

姉なるもののあらすじ!現れたのは悪魔か天使か神様か。いいえ、お姉ちゃんです!

交通事故で両親を失った主人公ショタの「夕(ゆう)」。

唯一頼れるおじさん(母の従兄弟)も入院中で、意識が戻らない。

つまり、夕は大きな家に一人暮らしだ。

 

自分の荷物を整理していると、保険証がないことに気づく。

おじさんが「蔵(母屋)にだけは入るな」と言っていたことを思い出すが、保険証はそこにあったはずなので仕方なく探すことに。

奥に入っていくと、突然この世の人とは思えない姿の女性が現れる。

月のない夜の色をした冒涜的に蠢く長い髪

白く飽満な体躯と不釣り合いな蹄のある獣の脚

山羊と呼ぶにはあまりに禍々しい二本の角

そんな不吉さと対照的な慈愛に満ちた微笑み

その姿を見て「今まであった女性の中で1番綺麗だ」と感じた夕は「あなたは天使ですか?」と尋ねる。

天使と呼ばれて喜ぶ悪魔(千夜)

喜ぶ異形の女性は「私は天使ではなく、人が時に悪魔とも神とも呼ぶものよ」と答える。

そして「あなたの大事なものと引き換えに望むままを与えましょう」と告げる。

夕は人生で初めて命の危機を感じながら、恐れおののきつつも「自分の全てと引き換えに何かを手に入れるならなんだろう、人生で最も欲しかったものはなんだろう」を考える。

そして出た答えは

僕の家族に・・・、お姉ちゃんになってください

千夜お姉ちゃんと夕の幸せな日々が始まる!

そうして二人の短いけれどあたたかい、幸福に満ちた日々が始まった。

 

姉なるもののネタバレ感想!この漫画は千夜の魅力がすべて【おねショタ】

おねショタは

  1. ショタを重視してみる人
  2. 姉を重視してみる人

の2パターンがあると思いますが、この漫画はどちらも丁寧に描かれてるのでどちらのタイプの方が読んでも満足できると思います!

 

血のつながった姉ではなく、年上のお姉さん(恋人)なのがいい

血の繋がった姉だとどうしても肉親を意識してしまった生理的に萌えきらない。

従兄弟とかもギリアウトって感覚。

でも、全くの他人なのに姉なのがいい。また、千夜は「姉」の定義をあまり理解していないので姉じゃありえないドキドキな行為もあるんですよね。そこがお姉ちゃん感を良い意味で加速させてる!

 

触手で夕の体を洗ってあげる千夜のシーン
千夜のドキドキエロシーン

*Google規約的にもっとアダルトなシーンは載せられないよ!

 

髪の毛が触手っていうのもエロみを加速させますね!

 

千夜は人間じゃないからこそ些細なことで喜んでくれる

血のつながった姉でなく、人でもない。

だから優しさに触れることに慣れていないので、凄く些細なことでも喜んでくれるんです。

一緒にご飯を作るだけで喜ぶ千夜
夕から花を貰って喜ぶ千夜

 

めちゃくちゃ大事にしてあげたくなりませんか?

リアルでもこんな女性がいたら即求婚したくなる。

 

千代は夕への愛がすごい

「姉」の定義はあやふやでも、「お姉ちゃんは弟のことをだいじに思うもの」ということだけは意識してます。

夕のことを大事に思う千夜

そのため、夕が田んぼで転んで汚れて帰ってくるだけでもこのありさま。

重度の過保護で愛がヘビー級な千夜

禍々しい感じがでてますね。

ちなみに千夜は最上級クラスの悪魔。

 

他にも

  • 言葉の選び方、表現方法が多彩で美しく優しい
  • 幸せそうなのにどことなく儚い
  • 髪が触手なので妄想が捗る

などなど魅力が沢山!

おねショタ系が好きでない方にもおすすめの漫画です!

 

▼他のおすすめ漫画はこちら!

あわせて読みたい
最新や少女漫画、青年漫画、少年漫画、全ての漫画をランキング付け!
【2018年最新版】大人もエモくなるおすすめ漫画ランキング33選!完結も未完も神マンガまとめ最近話題のものからマイナーなものまで、完結済みや未完問わずにおすすめできる超面白い最強神漫画をランキング付け!12歳の頃から数千冊の漫画...

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます