稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
映画

3月のライオン(実写映画後編)のネタバレ感想とあらすじ!

3月のライオン(実写映画後編)のネタバレ感想とあらすじ

3月のライオン(実写映画後編)のネタバレ感想とあらすじまとめ!

前編のネタバレ感想とあらすじはこちら

あわせて読みたい
3月のライオン実写映画のフル動画を無料視聴する方法!
3月のライオン(実写映画)をフル動画を無料視聴できるサイトまとめ3月のライオン(実写映画)をフル動画を無料視聴できるサイトと、全編を通しての感想をまとめました! 3月のライオン、実写映画版のフル動画...

3月のライオン(映画後編)あらすじ

高校生棋士の桐山零を主人公にした

  • 将棋にかける棋士たち
  • 将棋に打ち込み孤独な零を温かく迎え入れる川本三姉妹や高校の林田先生
  • 零との確執に怒りをあらわにし、自身の心の傷を癒せずにいる香子や幸田家

を描いた羽海野チカ原作の映画後編です。

後編では、零は再び獅子王戦に挑みます。前編に比較し、島田棋士や二海堂を始めとする棋士との交流や林田先生との時間を通し、零の表情は明るく強張りも減っていきます。

 

一方、川本家では次女のひなたが中学校でいじめに直面する、昔外に家族を作って川本家を出て行った父の突然の登場と、心の揺れる出来事が起こります・・・。

 

3月のライオン(実写映画後編)のネタバレ感想

孤独に将棋と向かい合った零に明るい兆しの見える序盤

新人戦で優勝した零は、学校の全校朝礼で表彰されます。

奨励会では、将棋ファンを増やすためにと宗谷と零の写真入りのポスターが作られ、零は宗谷名人と対局することに。

前編の周囲から孤立した零から、ずいぶんと明るく賑やかな状態でのスタート!

新作を考える三日月堂でモモの「ガム」案

川本三姉妹の祖父が営む和菓子店、三日月堂では祖父が新作について考えていました。

姉妹に和菓子にどんなものを入れたらいいと思うかと訊きますが、モモは「ガム」と答え、あかりやひなたの出す案も洋菓子の材料ばかりで、「三日月堂はケーキ屋になっちまう」と祖父はぼやくのでした。

掘り下げられて描かれる幸田、後藤の家庭事情

その年も獅子王戦が始まりましたが、昨年獅子王戦で優勝し、宗谷名人と対局した島田は初戦敗退が濃厚だと零は聞きます。

宗谷名人と対局した棋士にはあることだ、と。そして、零の養父、幸田が不戦敗したと聞きます。

幸田の入院先に駆けつけた零はそこで「家で転倒した」と聞きましたが、零の家に寿司の出前を勝手に頼み、勝手に上がり込んで来た香子に、

本当は進路のことで歩と揉め「零みたいになれなくて悪かったな」と歩に突き飛ばされたのだと教えられます。

 

香子がかつて幸田に奨励会を辞めるように言われ、家出すると言い出した時に養子の零が幸田家を出ていますが、香子は「うちにはまだあんたの地雷が埋まってる」と言うのでした。

一方、幸田が入院しているのと同じ病院に後藤棋士の妻も意識のない状態で入院していました。香子は後藤と交際していて、それを零は反対しており、そのことで一度後藤に殴られたこともあります。

後藤は前編では、強気で傲慢とも取れる印象の棋士でしたが、周囲に対し当たりの強い口調の裏にある後藤の抱える思いも、後編では描かれていきます。

宗谷との対局を前にする零を支える人々

宗谷名人との対局を知らされてからも、零は宗谷と盤を挟んで向かい合うことに実感が湧きません。

子どもの頃宗谷を見た時に、違う世界の人に見えた宗谷名人は、多くの棋士同様、零にとっても特別な存在です。

二海堂は「負けてもともと」と考えているだろうと零を見破り、「勝つことだけを考えろ」と発破をかけます。また宗谷と対局した島田は「宗谷と戦うと真実を暴かれる」と語りました。

 

対局は盛岡で行われ、前夜には盛大な前夜祭が行われましたが、全く動じていない宗谷を見て、その状況が宗谷にとっての普通の状況だと零は思います。

そんな宗谷との対局を「怖い」と夜一人で自覚する零のもとへ、幸田から電話が入ります。

幸田は「明日お前の前に座るのは、ただの人間だ。自分で作った化け物と戦うんじゃない」と伝え、「楽しんでおいで」と言い、零は「ありがとうございます。お義父さん」と感謝するのでした。

幸田役の豊川悦司さんの声はとても深みがあり、特にここでの零に対する「楽しんでおいで」は、見ている側にも深く響きました。

宗谷との対局

質問状のような宗谷の将棋に零は子どもの頃、幸田に「将棋は好きか?」と問われ、「はい」と答えた日から、将棋は「生きる術」であったことを思い出します。

宗谷との対局で零は宗谷に自分の手を読み尽くされていることを悟りますが、負けるとわかっていても、終わらせたくないと思う対局を行い、負けはしましたが、良い対局をすることができました。

 

その後、島田のもとを訪れた零はそこで「宗谷が十年ほど聴こえたり、聴こえなかったりの状態だ」と聞き、対局の前夜祭での記者からの質問に対する受け答えに違和感があったのを思い出します。

名人で居続ける宗谷にも、将棋と引き換えにするものがあったのを零は知るのでした。もっとも本人はそのことに関して「静かでいい」と治療はしなくなったのだといいます。

盛岡から帰り、零が川本家を訪れたところから怒涛の展開

ここから、零のオアシス的な場所であった川本家が波乱の時を迎えます。

ひなが学校でいじめに遭っていたちほを庇い、その後ちほが転校したことで、いじめの矛先がひなに向かったのです。

担任の先生は心身を病んでいて、ひなといじめ主犯格の女子が言い合いになった時にパニックを起こし、学年主任の先生にその件が一任され、ようやく事態は終息します。

この時零はひなを助けるため、経済的援助に乗り出そうと、具体的な金銭計画を一人練っていたのでした。

また、川本三姉妹の父は昔家の外に家族を作り家を出たのですが、再び川本家にやって来ます。・・・それは生活上の理由が大きいようでした。

三姉妹を守るため、正義感から三姉妹の父を激しくなじる零をひなが止めます。三姉妹にとって父を目の前で侮辱されるのは辛く、零は我に返ってそれに気付き、落ち込みます。

獅子王戦で後藤と対局する零

前年の獅子王戦で、香子と別れさせるため後藤との対局で勝とうと考えていた零は、後藤と対局する前に島田に敗れていましたが、今年は後藤との決勝戦に臨みます。

後藤は決勝に進む前、対局中に妻の急変を知らされ病院へ駆けつけますが間に合わず、一人号泣した後に対局に戻り、勝利していました。心から強い棋士なのです。

後藤との対局で零は苦戦し、頭を碁盤に打ちつけますが、そこから持ち直し、勝利します。
フラッシュが焚かれる中、零は飛びだし、川本家へ行き謝罪します。川本家は零を笑顔で迎えるのでした。

3月のライオン(実写映画後編)の結末(オチ)

獅子王戦に負けて帰宅する後藤を、香子が迎えます。

香子は「将棋に集中するから」と後藤に別れを切り出されていましたが、帰ってきた後藤は香子を受け入れるようでした。

また幸田は香子に、昔自宅で零と対局した際に負けを悟った香子が逆上して零に手を上げた一局を再現し、あの時本当はまだ香子に勝算があったのだと言います。

 

零は幸田家を訪れ、歩に宗谷との対局のチケットを渡し、歩はそれを受け取ります。

対局の日、零は幸田とともに仕立てに行った和服で長い階段を上がり、対局へと向かいました・・・。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます