稼げるライブ配信アプリランキング!おすすめはコレ!
漫画

発症区を無料で読む方法と感想ネタバレあらすじまとめ!結末も。

発症区(漫画)が面白い!無料で読めるサイトと感想ネタバレまとめ!

発症区は講談社が出版社ので連載されていた『いとまん@itoum』先生の漫画!

今回は発症区を無料で読む方法や感想、ネタバレあらすじをまとめました!

あわせて読みたい
最新や少女漫画、青年漫画、少年漫画、全ての漫画をランキング付け!
【2018年最新版】大人もエモくなるおすすめ漫画ランキング33選!完結も未完も神マンガまとめ最近話題のものからマイナーなものまで、完結済みや未完問わずにおすすめできる超面白い最強神漫画をランキング付け!12歳の頃から数千冊の漫画...
あわせて読みたい
無料で漫画読み放題!!
【漫画村の代わり】漫画を全巻無料で読む方法まとめ【4万冊読み放題】漫画村閉鎖後、必死に代わりになるサイトを探し続けた結果、色んな漫画が全巻無料で読めるサイトをいくつか見つけたのでシェアします! こ...

発症区を無料で読む方法!この2サイトで全巻読破可能!

この記事はネタバレがあるので先に無料で読む方法(全巻無料で読めるサイト)を教えておきます!

発症区は【U-NEXT】【FODプレミアム】で、ポイント利用することで読めます!

どちらも31日間の体験無料期間がなので実質無料ってわけです!!

U-NEXTはAVやアニメ、邦洋問わず映画ドラマなども見放題!

FODプレミアムは読める漫画巻数が多いし安いけどU-NEXTと比べると動画は劣るって感じです!

詳しい比較はこちらで解説してます!

 

お金かかってもいいから電子書籍でなく実際に紙媒体(本)で読みたいって方はAmazonや全巻漫画ドットコム(中古)がおすすめ!

 

 

発症区の登場人物紹介と簡単なあらすじ

発症区三巻の表紙

四季賞出身の異才が描く、能力バトルロワイヤル!! ごく普通のコンビニ店員・安田敦は、高熱で寝込んだのちに手を触れずにモノを動かせる能力を身につける。ナゾのグループから襲われたところを助けられた、暮井と名乗る発症者と共同生活をすることに。その後、目的もわからぬまま暮井と他の発症者たちと発症者犯罪対策部――通称・発対内部に潜入した安田は、暮井の裏切りにあって重症を負い、ひとり取り残された。

引用元:発症区(1) (アフタヌーンコミックス)

左がヒロインの染谷彩、真ん中が主人公の安田敦、右が敵で準ヒロインの暮井亜紀。

全3巻で完結済み!サクッと読めます。

主人公 安田 敦(やすだ あつし)

安田敦の発症能力

手から見えない手が伸びる能力。(指先の一本一本から触手のようなものが出る)射程は3m

安田敦の性格や素性

元コンビニバイト店員。能力を使いYoutuberを目指すことがきっかけで能力がバレる。

結構まともなこと言う。容姿の割りに理路整然。

 

ヒロイン 染谷 彩 (そめたに あや)

染谷彩の発症能力

周囲にバリアを張れる能力。(一度使うと六時間はターゲットを切り替えられない)しかし本当の能力は・・・。

染谷彩の性格や素性

発症者犯罪対策部の現場指揮官。ヒロイン的な存在。正義感は強いが口が悪い。

 

最大の敵 暮井 亜紀 (くれい あき)

暮井 亜紀の発症能力

気持ち悪い生命体を創造する能力。攻・守・機動力共に抜群。

暮井 亜紀の性格や素性

お金の為なら人身売買でも強盗でも暗殺でもテロでも何でもする。とても利己的で冷徹。でもかわいい。

 

 

 

発症区(漫画)を全巻読んだ感想*ネタバレ注意

面白い!

これ打ち切りになったみたいなんですが、何故打ち切りになったか不思議なくらい。

絵が上手くないからかな・・・?でもストーリーも能力も良いと思います!

よくある能力系ではありながらも、対立構造もシンプルでわかりやすく読みやすい。

 

【発症区】暮井 亜紀は自己中で冷徹だけどメンヘラっぽくて可愛い

テロ組織にお金で買われたり、自分を発対から守るため他の裏社会で生きる発症者の情報を売ったり、「お金にならない殺しはしない」等の発言、登場から3巻の結末まで本当にキャラがブレない!

更に、他の発症者の情報は自分の商売敵から順に売ってたんですね。超賢い・・・。

そして可愛い。

 

安田と一緒に居た時、意外と楽しかったようで同じコンビニ弁当を食べながら同じ映画を観るも「つまんない、あの時は楽しかったのにな」なんて言うシーン。

安田が暮井に勝てないとみるや、爆発するタンクを地面にぶつけて心中しようとするのを喜ぶシーン。

暮井はメンヘラというかヤンデレ的な素質があるんですよね。それが可愛い。

黒髪清楚の正統派ヒロインてきな顔してるのに中々えぐい能力なのもいいですね!

2巻の最後にあるおまけ漫画が可愛すぎるので是非見てください!!

 

【発症区】染谷 彩の能力強すぎ、そして可愛すぎ

始めはバリア能力かと思ってたんですが、実は発症者の血液を吸うことで能力を自分のものにできる吸血鬼的なコピー能力と判明。強すぎィ!

そして可愛い。安田が暮井に悶々としてるのを見て「一緒に捕まえよう」と協力しようとするところとか、「あんたとあーだこーだ言い合うのは楽しい」と恥じらいながら言うシーン。

可愛い・・・!

1巻では「どんだけ口悪いヒロインやねん」と思ってたんですが超かわいいですね。好きです。結婚したい。巨乳だし。

ただ最終巻(3巻)でわかるんですが、部屋中に監視カメラがあったり能力のため捕獲した発症者を殺してたりと少し怖い1面も。

しかしそれを踏まえても安田は「染谷さんと一緒に居たい」と告白めいたことを言えるのがブラボー。素敵です。

また、暮井が安田に「下の名前で呼んで」と言っていたのを聞いて「私のことも彩さんと呼べ」って言うのも可愛い。巨乳だし。

 

【発症区】送り屋木常がチートすぎて殺されるけど、その殺し方はつまらない。

ワープ能力の持ち主。最大300m先までワープできる、しかし自分は転送できない。

発症者と戦うために作られた1着50億する強化スーツを来た人間をサクッと殺しちゃう能力の強さ+応用力。

でもそれを爆撃で殺しちゃうんですよね。

チートキャラすぎて早めに殺しちゃったのかな・・・。にしても殺し方が爆撃ってwせめて能力者同士で戦って勝ってほしかったな・・・。

 

【発症区】テロリスト組織、仲間の増やし方が酷すぎる

  1. 発症者の身内を殺し、テロリスト組織が助けるふりをする
  2. 「あなたの安全のため」と数か月間何もない部屋に閉じ込める(思考力を鈍らせるため)
  3. 「発対が居るせいでこんなことになったのよ」と罪の転換。復讐心を芽生えさせる

 

この3ステップでテロリスト組織は仲間を増やすんですが、「これ実話をもとにしてるのかな・・・。」と考えると悲しい気持ちになるくらい酷い。

そして実際自分がされたら信じてしまいそうだし。新興宗教とかもこれを薄めた手口で信者を増やすのかな・・・。

 

発症区(漫画)のネタバレあらすじまとめ

高熱と全身の激痛で1週間寝込んだあと、目覚めると超能力(手から見えない手が伸びている)が発症した主人公(安田)。

その一週間の間に無断欠勤ということでコンビニのレジ打ちを首になり、その能力を使ってYoutuberを目指すところからスタート!

しかしいくつか動画を投稿した後、なぜか消されてしまう。

発症区第1巻のシーン

すると「荷物が重くて困っている」という巨乳二人組に声をかけられるが、その二人は注射器(麻酔?)を主人公に射そうとしていた。そう、発症者犯罪対策部(通称:発対)だったのだ。

 

すると突然謎の生命体が女二人組に襲い掛かり、主人公は助けられた。

その生命体を出したのは女性(暮井)で、その子に詳しい話を聞いた。発対は発症者の抹殺や情報統制を目的とした組織で発症者は他にも居るなどの話だ。そして女の身内も発対に殺されたということだった。

能力は訓練するほどより自由に精密に長時間操れる。

頭痛がしたら黄色信号、痛みを無視して能力を使い続けると気絶する。

見捨てるのは嫌だからと、暮井の自宅に行くことになった安田。共に食事をし仲を深める二人。

安田は命を狙われ家に引きこもる羽目になったにも拘らず、人生で今が1番楽しいと感じていた。

 

それから暫く立ち、安田も能力の精度が上がってきた頃、家に訪問者が。どうやら暮井とは知り合いのよう。

トラックの荷台に乗れと指示され、素直に乗る二人。そこには既に5人の発症者と思われる人たちがいた。

そしてなんとこれから発対の支部に行き潜入し、データを盗むというのだ。

「発対に捕まった発症者たちは、人体実験をさせられ電極だらけで切り刻まれ薬漬けの日々だ、我々が救い出さなければならない」とリーダー格の男が話す。

そこで送り屋の木常と呼ばれる女(ワープ能力)により敵地まで送られることになった。*送りはできるが帰りは自力で脱出しなければならない。

そして敵地に入った跡、陽動作戦で発対の主力を正門に分散させ、近くにいた警備員を皆殺しにする発症者たち。

能力で無力化した相手を弄ぶように殺して回る他の発症者たちを見て安田は吐き、警備員を助けることにした。その時の安田は「暮井さんをこんな奴らから助けなければ」と考えていたのだ。

しかし、暮井の生命体を作り出す能力により安田は確保されてしまう。

そして安田は・・・。

発症区で安田が殺されかけるシーン

安田を捨て、目的が完了したのか逃げ出す発症者たち。そして発対の人間に安田は確保される。

 

 

安田は発対に居る治癒能力を持つ発症者によって命を助けられ、情報提供をする。

そこで暮井は「金のためならテロリストの人身売買やテロ、強盗など何でもする女」と聞き、組織の全貌を知る。

安田は「テロリストの幇助や不法侵入などで一生収容所暮らし」or「発対のメンバーとしてテロ組織と戦う」のどちらかを選ばせられる。

発症者は基本ハズレ能力ばかりで、「目が光る」とか「指先にブラシ状の毛を生やす」などの使えないものばかりだから安田を欲しがっていたようだ。

発対のメンバーになるを選んだ安田は、交換条件として暮井の部屋に行く。すると暮井から電話がかかってきた。

「この2週間結構楽しかったよ」と告げ、能力で生命体に爆弾を持たせ部屋に突っ込ませた。死んだかと思ったが、女性捜査官(染谷)のバリア能力のお陰で助かる。

すると発対の支部から電話が。「この件は本部が引き継ぐ」という内容のものだった。不審に思う染谷。「なぜ本部が?盗まれたのはただのデータじゃないのか?」

そう、テロ組織が支部に侵入した際に盗んだのは他の発症者のデータではなく、過去に千葉県民を壊滅させた『致死率100%のウィルスを作り出す発症者の脳の一部』だったからだ。

 

発症区(漫画)の結末(オチ)

ウィルス感染を抑制し、テロ組織が壊滅した半年後。

安田はそのまま発対に所属しており染谷とも良い感じの模様。

しかし、打ち切り漫画っぽいラストのせいで

「なぜ発症者が突然現れるようになったのか」「暮井はその後どうなるのか」「染谷の家族を殺した透明化する(?)発症者は?」など色々な伏線が回収できぬままEND

う~~~ん。もったいない・・・。

どこか別の雑誌で続編を出してほしいです・・・。

いとまん先生の新作に期待!

 

漫画もアニメも映画もドラマもAVも全て無料で楽しめる合法サイト

下記の4つのうち、どれか1つでも当てはまる方は必見です!

  • 色んな漫画を読みたい
  • アニメやドラマが好きだ
  • 映画や音楽が好きだ
  • グラビアやAVが好きだ

 

実は全て無料で楽しみ放題のサイトがあるんです。

漫画もアニメも映画もドラマもAVも全て無料で楽しめるサイトはこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます